コーヒー豆販売,コーヒー通販,ToNeGaWaCoffee-WebShop,トップへ
おいしいコーヒー,最新情報 トネガワコーヒー,店鋪ご案内 お客様の個人情報について 美味コーヒー探究
珈琲工房,TONEGAWA,メニュー

世界のコーヒー、主な生産国別にご紹介


柔らかなコク&綺麗な風味のコーヒー豆
 バランスのよいマイルドなコーヒー
バランスのよいマイルドなコーヒー豆

 やや深煎り・コク甘みの強いコーヒー
やや深煎り&コク甘みの強いコーヒー豆
 芳醇な香りとコク・深煎りのコーヒー
芳醇な香りとコク&深煎りのコーヒー豆
 季節限定・飲み比べセットはいかが
季節限定&飲み比べセットはいかが
コーヒー豆,ギフト,贈りもの
贈りもの


コーヒーメーカー,ドリッパー,器具
コーヒー器具



お問い合わせ


Fuzi Royal R-105
直火式5kg釜

いい生豆からしか、
いいコーヒーは生まれません。
薫り高い新鮮なコーヒーを
お楽しみください。

スペシャルティコーヒー豆
専門店
自家焙煎珈琲豆屋


ペパードリップ
もっとおいしい淹れ方はこちら

コーノ式円錐ドリッパー
ドリップ名人


トネガワコーヒー,店鋪ご案内
TONEGAWA COFFEE
www.beans-shop.com/
TEL/FAX 0475-42-3511
外房総/一宮海岸


コーヒー生産国別の特徴
COFFEE 産地別コーヒー豆の特徴

ニュークロップ(新豆)を
基準として、
主な生産国の銘柄と
特徴を一覧にしました
コーヒーの銘柄は生産国や産地、積出港の名前、
さらには豆の大きさや品質、栽培地の標高だけで
格付けされ、名称などで呼ばれるものがほとんどです
同じ銘柄でもコーヒーの香味は収穫年や、
精製過程の状態により違いがあります

銘 柄
格付け(グレード)・特徴

ブラジル Brazil
(サントス・No2・S18)
欠点豆他混入物の多少で(No2〜8)、豆の大きさで(スクリーンNo13〜19)それぞれ7段階に格付。サントスはサントス港出荷のコーヒー豆の事です。味のバランスがよくブレンドのベースによく利用される。中煎りでは柔らかな味、深煎りになると力強い苦味です。

コロンビア Colombia
(スプレモ)
粒が大きめのスプレモと、小さめのエキセルソ分けられる。比較的大粒で、特有の酸味、コクがある。中煎りではスッキリ、やや深煎りになると円熟したコクが感じられ、更に深く煎ると濃厚な味の中にも透明感のある独特の風味があるが、本来の香味のものは少ない

メキシコ Mexico
(アルトゥーラ)
標高により3段階に格付けされる。アルトゥーラは4000〜4200フィートの高地産最高級品。香り、酸味が豊かで、中煎りではさっぱりとした味わい、深く煎っていくと味はやや平坦になります。状態のよいものはブレンドの隠し味にも使用される。

グアテマラ Guatemala
(SHB・アンティグア)
高地産のものは香りがよく、標高より7段階に格付け。標高4500フィート以上がSHB、高級品となる。酸味、コク、香りが豊かで、ブレンドにもよく使用される。中煎りでは甘みのある香りで柔らかい風味、やや深煎りになるとグアテマラらしい芳醇な香りとコクが強くなります。

コスタリカ Costa Rica
(SHB)
中米諸国高地産のコーヒーは、上質なコクと風味・酸味が持ち味だが、ここでも栽培地の標高の高さで格付けされる。グアテマラに比べると、やや香味に劣るものが多いが、やや深煎りで、独特のなめらかなコクが楽しめます。

タンザニア Tanzania
(キリマンジャロ・AA)
キリマンジャロは栽培地の山の名前。粒の大きさで最高級のAAからCまでの4段階に分類。酸味、コク、香りに優れ、中煎りでは甘さを伴い、やや深煎りでは濃厚なコク、深煎りならキレのある苦味になる。ブレンドに使うと味に深みがでます

ケニア Kenya
(AA)
アフリカ系では、タンザニア(キリマンジャロ)以外知名度は低いが、欧州では第一級として位置付けされている。品質、香味も安定しており、香り、甘みにも伸びがあります。やや深煎り以上で、濃厚なコクと甘酸味、深煎りでは独特な甘味が生まれます。

イエメン Yemen
(モカ・マタリ)
モカとは、かつてコーヒー出荷港として栄えた港の名前。モカ・マタリはアラビアンモカ、イエメン産の最高級銘柄。ナチュラルで発酵豆の混入が大変多く、それらをワインフレーバーと表現されることがある。中煎りでは柔らかな酸味、深煎りではコクと芳醇な香りです。

エチオピア Ethiopia
(モカ・シダモ)
イエメンのモカ港から出荷されていたため、モカと呼ばれることもある。アラビアンモカと区別するためモカ・ハラー、モカ・シダモなど産地の名を呼ぶこともある。 シダモ・ウオッシュト(水洗処理)は輸出向けの高級品。 ナチュラルのモカに比べると全く違う個性的な香りと味わいが楽しめます。

インドネシア Indonesia
(マンデリン)
ジャワ島のジャワ・ロブスターや、トラジャ地方のトラジャなどの高級品があるなかでも最高級品とされるのが、スマトラ島のマンデリンです。この豆の個性が最も生きるのが深煎りで、奥行きのある苦味、濃厚なコク、他にはない芳醇な香りが特徴です。

キューバ Cuba
(クリスタルマウンテン)
豆の大きさでETL、TL、ALの3段階に分けられる。クリスタル・マウンテンはETL(最大)の最優良品。香りが高く、適度な酸味と苦味があり、中煎りでは独特の香りと柔らかな酸味が、カリブ海系の中でも特徴的。深く煎ると、味も香りも個性がなくなります。

ジャマイカ Jamaica
(ブルー・マウンテン)
東部のブルー・マウンテン連邦、定められたエリアのものがジャマイカ産最高級ブランドとされる。豆の大きさでNo1〜3、ピーベリー(丸豆)の4段階に分類。味の調和がよく豊かな風味ですが、深煎りにすると個性がなくなります。生産量は少なく品質にバラつきが目立つ。

ハワイ Hawaii
(コナ・EXファンシー)
ハワイコナはハワイ島西部、コナ地区の火山性土壌で栽培されたコーヒーのこと。最高級のEXファンシーからファンシー、No1まで3段階の格付がされる。中煎りできれいな酸味とコクが楽しめる。品質も安定しており、なめらかな味わい、風味は世界的に評価は高い。

上記の銘柄は主に
輸出規格:スタンダードクラス
のコーヒーです
これらは、コーヒーの香味を意識して格付けしたもの
ではなく、ほとんど豆のサイズ、栽培地の標高の高さ
だけで分類、価格設定がされ取引されます

本来の香味を意識して、細かな事柄まで指定、特定された品質のコーヒーを
「プレミアムコーヒー」又は「スペシャリティーコーヒー」と呼ばれ、
世界中のコーヒー愛好家に好まれております
TONEGAWA COFFEEでは、これらを標準仕様としております



コーヒーのこと,お好み探しにどうぞ!
おいしいコーヒーとは…失敗しないコーヒー豆選び世界のコーヒーの特徴コーヒー雑学コーヒー豆の知識

おいしいコーヒーの淹れ方お試しコーヒー豆SET煎りたてお届けサービスコーヒーギフトコーヒー器具

ページのトップへ

 HomeAbout UsSite Map| 
Copyright(c) TONEGAWA COFFEE Premium Beans Shop, 2003-2009.